フットサル

ポジションの役割fixo

ポルトガル語で【舵取り】の意味で、ダイヤモンドの下のポジション、フットサルで一番重要と言っても良いポジションです。攻撃の始まり、起点であり、ディフェンスの要でもあるフィクソは、パス技術や単純な対人守備力も必要ですが、リーダーシップや統率力も必要です。フィクソが一番全体の動きを確認できるからです。ピヴォや両サイドのアラに対して適切なコーチングをすることで、まさに文字通りの舵取りをします。

舵取りなので、精度の低いプレーはチームを沈没させてしまいます。なので確実性の高いパスをする必要があります。攻めるパス(通る確率は低いが通ったらチャンスなパス)は回数を少なくしたほうがチームの雰囲気を保ちます。低い確率のパスを出していると、プレーが切れる上に、ポゼッションも下がってしまいます。そうすると、守備の回数が多くなり、チームの雰囲気を保つのが難しくなるからです。一人でドリブルを仕掛けにいったりなんていうのは絶対にやってはいけないプレーの代表的な例の一つでしょう。ここで取られてしまうとゴレイロとの一対一という決定機をいきなり作られてしまうからです。

フィクソがドリブルを仕掛けるということは即失点も覚悟しているということです。逆に言えば、その状況でドリブルでぶち抜けば一気に得点チャンスにもなりうるということです。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加