フットサル

ポジションの役割goreilo

ゴレイロはフィクソよりも後ろにいるのでよくコート内の監督なんて言われたりもします。中で実際に動きまわっていると、やっているつもりでも戦術通りに動けていない場合もあります。そんな時に試合状況を把握しながらしっかり適切なコーチングをするのが、重要な役割の一つです。声を出せないゴレイロは使いずらいです。フィールドにいるプレイヤーもうるせえな、と思うかもしれませんが、(笑)言ってくれるだけでかなり気持ち的に楽になります。

単純なゴレイロとしての技術は「飛び出し」と「倒れないこと」です。フットサルはゴレイロからのスローで一気にカウンター、一対一なんてシーンは少なくないです。そんな状況を常に頭のなかに入れておき(一番の理想はコーチングを先にしてグローブが一切汚れていないゴレイロが優秀です。)、いざという時に勇気を持って、相手のプレーを予測しながら飛び出し、シュートに対してもドリブルに対してもどちらにも対応できるようにしておくのがベストです。なるべく身体を大きく広げてぬりかべのようなイメージが大切です。絶対にサッカーみたいにすぐに倒れてはいけません。横に倒れているゴレイロほどかわしやすいものはないです笑簡単に上を超えられますし。なので、サッカーのキーパーと同じ考えはやめたほうが良いです。また、至近距離のシュートが多いので、キャッチではなくパンチングが基本です。パンチングの方向が試合の行方を左右することもあります。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加