フットサル

ポジションの役割pivo

ポルトガル語で【軸、中心】の意味で、ダイヤモンドの頂点。サッカーで言うフォワードがこの位置です。よくわかりやすくサッカーで例えられるのですが、フットサルでは「ゴールを決める」こと意外に様々な役割が求められます。攻守両方できないとかなりキツいことになります。逆に言えば攻守の切り替えがしっかりしているチーム、このピヴォのポジションの人間のディフェンスの意識がチーム全体の守備意識につながります。またピヴォがどの位置からディフェンス、またはプレスをかけるかで相手のとっている守備戦術がわかります。

pivoはチームの中で最も相手ゴールから近いポジションなのですが、当然相手のフィクソがマークについてディフェンスするので、ゴールを背にしてボールを貰うこと(楔のパスやポストプレー)が多いです。したがって、正確なボールキープ、ボディバランスや振り向いて強引に打つといった技術が必要です。

また相手フィクソとの駆け引き、相手ゴレイロとの駆け引きがとても重要です。常にその二人のポジショニングを確認できると試合を優位に運ぶことができるでしょう。ボールを持ちたくて自陣に下がることは味方のスペースを消すことになるので、そこは気持ちをぐっとこらえて、前線で駆け引きをしながらいつボールがくるかに気を張って集中しましょう。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加