フットサル

フットサルとは?

フットサルは「サッカーを小さくしたもの」なんていう言葉でよく言われたりしますが、実際には似て非なるものです。相手ゴールにボールを入れる、という最終目的は同じですが、スピード感や戦術、キックインやバックパスなどの細かいルールなど、違いは思っている以上にたくさんあります。まずは基本的なフットサルとサッカーの違いを簡単にグラフにして確認しましょう。

フットサル カテゴリ サッカー
40分(プレー時間のみ)
前後半20分
ハーフタイム10分
時間 90分(通し)
前後半45分
ハーフタイム15分
フットサル専用ボール
サッカーで言う4号泣
ボールがやや重く弾まない
ボール 小学生以上は5号球 小学生以下は4号球
縦40m横20m
国際試合
縦38m〜42m
横18m〜22m
ピッチのサイズ 縦105m横68m
国際試合
縦100m〜110m
横64m〜74m
縦2m
横3m
ゴールのサイズ 縦2.44m
横7.32m

人数

5人。交代は自由なので何回でも交代できるので体力に不安がある方でも安心。

時間

40分。ただし、これはボールが外に出ているときなのはカウントしません。ただ、アマチュアの大会ではほとんどランニングタイム(ボールが外に出ていても時間を止めずに流す)が多い印象です。

ボール

サッカーをやっていた人からすると、最初の違和感はボールでしょう。バウンドがサッカーと異なるためやりづらさを感じるかもしれません。ただ、これは慣れの問題なのですぐに解決する問題かと思います。逆にサッカーの時に手こずっていたトラップが割りと簡単にできます笑

ピッチのサイズ

サッカーの約4分1のサイズです。基本的には屋内(体育館や専門施設等)でやる場合には大丈夫なのですが、屋外(施設)のピッチはかなりサイズがまちまちなので、施設のサイトなどで確認したほうが良いでしょう。ちなみにピッチが縦長か横長かで戦術も変わってきます。

ゴールのサイズ

ゴールはかなり小さいですね。普通に蹴っても入りません。しっかりインステップで踏み込まないと難しいです。一対一もサッカーのようにいきません。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加