フットサル

キックについて考えること

ボールを蹴るということ

一言にボールを蹴るといっても様々な蹴り方があります。インサイド、インステップ、インフロント、アウトサイド、トーキック、ヒール、チップ、ループ、ラボーナ。他にも枠にとらわれない蹴り方はたくさんあります。その様々な蹴り方を多様な状況に合わせて一瞬で判断するのがフットサルの醍醐味の一つです。 ここではどんな蹴り方がどのような場面、状況で使えるのかをみるまえに、すべてのキックについて考えるときに注目すべきポイントを3つ知りましょう。1軸足(蹴らない方の足)2キックの感覚とイメージを確かめながら蹴ること。3上半身の使い方も注目することです。

1軸足と重心  

最初は、軸足(蹴らない方の足)の膝を柔らかくしておくイメージをつけとく。膝が伸びきっていても上手く蹴れないですし、曲げすぎてもおかしいです笑 ヒザ神なんて言われないように気をつけて下さい笑 重心は拇指球に置いとくと、全方向に俊敏に動きやすいかと思います。あくまでセオリーです。自分の感覚ではつま先だわ!とか、よくわかんない、ていう人もいるので。

2キックの感覚とイメージを確かめながら蹴る

これもかなり重要です。無意識に何も考えずに蹴るという人と、すべてのキックを意識して蹴り、イメージと異なる場合は修正という考えながら蹴っている人との差は歴然です。もちろん蹴る回数も大事ですが、サッカーやフットサルにおいて意外とないがしろにされがちなのがこういう意識の部分です。

3上半身の使い方

サッカーは足を使うスポーツですが、上半身は意外と重要です。どういう腕のふりをしているか、どういう身体の使い方を動画で撮って自分が尊敬するプロと比較すると良いでしょう。引退したバルセロナのシャビなんかはパスとサッカーIQでトップに上り詰めた人間なので参考になると思います。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加