フットサル

チーム全体の意識統一

フットサルにおいてチーム全体の意識統一は、サッカーに比べて非常に楽です。人数も少ないですし、コートの広さも大きくありません。情報伝達は非常に簡単な方だと言えます。 なぜチーム全体としての意識統一がなぜ重要なのでしょうか?

意識統一をしておくべき理由

簡単な例を出すと、0-0で均衡した状態が続いていたとして、残り10分で得点を決めたとします。 この時、チームとして、残り10分間死ぬ気で守るぞ!となるのか、いや、もう一点とって勝利を確実なものにするぞ!となるのかどっちなのかということです。 もちろんチームとしての基本戦術は変わらないと思いますが、チームとして攻めるのか守るのか意識としての明確な指針がなければ、選手個々では意外とズレていたりします。 勝ってるんだからそんなに無理して勝負しかけなくてもいいだろ!とか、負けてて時間も少ないのになんでボールをとりにいかないんだ!という発言もどこかで聞いたことがあるかもしれません。 そしてこうゆう小さい意識の差、ズレがパスミスやポジショニングミスに繋がり、最悪の場合失点してしまうことに繋がります。 チームとしての意識統一は監督やキャプテンの立場です。いろんなタイプの監督やキャプテンがいますが、意識統一の決め事を作っていないチームは、チームとしての連動性や想定外のことに対応できません。 あらかじめチームとして決め事をいくつか作っておくと、それに対して選手たちはその決め事や指標を元に動けるのでかなりやりやすいです。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加