フットサル

効果的なイメージトレーニング

疎かにしがちなイメージトレーニング

イメージトレーニングは、誰しもが一度はその重要性を聞いたことはあるかと思います。 しかし、なぜかやめてしまったり忘れてしまったり...という人たちがほとんどではないでしょうか?イメージトレーニングを毎回しっかりできている人は少ないと思います。


おろそかな理由

それはなぜでしょうか。それは一度やってみた時にその効果がまったくわからずにそのまま終わってしまったからではないでしょうか。 つまり正しいイメージトレーニングを知らないまま、イメージと現実はやっぱり違うな...ていうかあんまり意味ないな...という人が多いんじゃないかと思います。

2種類のイメージトレーニング

イメージトレーニングは大きく分けて2つあります。 1つは対戦相手に対してどのように対処するか、2つめは自分自身、または自分のチームがどういったプレーをするかということです。 この時にできるだけ細かい視点でイメージすることが重要です。洋服や色、自分だったらどういうプレーをするか、あの上手い人だったらどういうプレーをするか、相手の心理まで読み取るぐらいまでイメージしてください。できるだけ多く、深く見るポイントを持つことで、想定外のことを減らします。全員が同じイメージを持ってプレーし得点するととても芸術的です。

またイメージトレーニングの後に実際の自分の動きを実際に照らし合わせることが重要です。 スマホやビデオカメラを使って録画し、どのくらいイメージと実際のプレーがズレているかを確認し、そのズレを修正して改善、修繕して改善を繰り返すことが、飛躍的な成長に繋がります。 コーチや監督が指摘してくれるよ!という人もいますが、結局はその人の視点やフィルターを通してしまい、客観的な情報を得られません。 なにより、自分自身で確認して修正しないと成長している実感も得にくいと思います。

効果的なイメージトレーニングには、みんなが持っているスマホが必要です。闇雲にプレーしている人と、自分の動きを確かめて修正している人の成長速度は段違いです。 そして、イメージと客観的な自分を重ねあわせ、ぶれている部分を修正することで飛躍的に上達するでしょう。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加