フットサル

リスタートのディフェンス

ディフェンスの基本

ディフェンスは攻撃と逆のことを考えていけば基本的には大丈夫です。 しかし、リスタートのディフェンスは相手の動きを見て合わせることになるので確実に後手後手になってしまうのでしまいます。 予測もしづらいですし、通常のディフェンスより難易度は高いかと思います。

最優先事項

相手がリスタートでセットして動き始める前に、素早くディフェンスのポジショニングをとるのが最優先事項です。 一番やられてはいけないのは、ディフェンスの体制が整わない状態で素早くリスタートされることです。 マークの種類を声を掛け合って決める。 また、マンマークかゾーンか、併用するのか、フィールドの4選手やゴレイロの指示などで声をかけあって決めることも重要です。 最初はゾーンでつくとわかりづらいので、マンマークでついたほうがよいでしょう。(その分疲れますが笑) マンマークでつく場合にもゾーンで付く場合にも、必ずマークの相手(ゾーンに入ってきた相手)とキッカーを視界に入れておき、 さらに全体の動きも把握し、味方をカバーできる意識もしておくと予想外のことに対応しやすいです。

カウンターの準備

カウンターを狙う準備もしておくとさらによいでしょう。 カウンターはもっとも効率的に点が取れるので、相手にシュートを打たれてゴレイロが取れると判断したらすぐにスペースへ動き出し、ゴレイロがキャッチしているころ相手の裏をとれているのが理想です。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加