フットサル

対戦相手の分析の3つの着眼点

対戦相手を分析する際に主な重要な指標は3つです。

1:ディフェンスの開始位置(プレスのかけるタイミング) 2:攻撃の起点 3:選手の特徴

1:ディフェンスの開始位置(プレスのかけるタイミング) まずは相手がどの位置からプレスをかけるのかを確認すべきでしょう。コートを横に3つのゾーンに区切ります。

Aオールコートプレス B3分の2プレス C3分の1プレスでどの位置からプレスがかかってくるかを見分けます。 それによってどの位置から仕掛けたりどの位置は余裕があったりということがわかります。もちろん例外的にプレスをかける場合もあります。

2:攻撃の起点

相手がどういう戦術をつかって攻めているのか、どこが起点となって攻撃してくるのを知らないよりは知っておいたほうが対策をたてやすいでしょう。 フォーメーションよりもフットサルは基本的に連動して動いてるので、全体をみる視点が必要です。

3:選手の特徴

これは非常に重要です。どういうプレーを得意としてどういうプレーを苦手としているか、どういうドリブルをしてくるか、どういうディフェンスの方法で守ってくるか、利き足はどちらか、体力はあるか。 オフェンス、ディフェンスに分けて項目を作っておいたほうがよいでしょう。気性が荒い、穏やか、などといった性格も必要かもしれません。選手を深く分析することは試合を優位に進めるのに大きく役立つでしょう。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加