フットサル

ジアゴナール

ジアゴナールとは?

ジアゴナールはパラレラとは反対の動きをします。

パラレラは相手ディフェンスが中に絞った際に、縦のスペースコーナーのスペースを使う動きでした。 ジアゴナールは相手ディフェンスが縦を切った際に、中央のスペースを使う動きです。

最初の動きはパラレラと同じです。フィクソができるだけマーカーを近づけてからアラにパスをだします。

ピヴォはボールサイドのコーナー、縦でもらう動きをとります。中央のスペースを作るためです。

アラがボールを持ち、相手マーカーが縦(ピヴォへのパスコース)を切ってきたら、ボールを中央に運びます。

最初に動いたフィクソはディフェンスの裏に抜けたあと、、ボールとは逆サイドにケブラを行いパスをもらう。

ちなみにケブラでマークを外す時は、1m〜1.5mほど。

他のページでも何度も触れていますが、戦術はあくまで戦術で、相手の動きによってかわっていきます。 つまり、相手が縦を切ればジアゴナール、中を着ればパラレラといった具合です。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加