フットサル

エル


エルとは?


昔からある戦術で、エルとはアルファベットの「L」で、上空から見ると(フィクソが)Lの文字に動くのでそう言われています。(3人の動きが一時的にLの形に見えるという説もあります)
コーナーから攻めたいときに使う動きです。具体的には、ピヴォがコーナー付近にズレて、アラやフィクソが連動して走りこんでシュートまでもっていく戦術です。
簡単な動きでなおかつ3人なので、高度な連携も必要なく初心者でも使ええる戦術です。
もちろんこれはひとつの型であるので、戦術にとらわれず状況に応じて様々なフェイントを織り交ぜていくと効果絶大です。

流れの中の戦術4 エル

3つの注目ポイント

パススピード

どの戦術にも言えることですが、意外と見落としがちなパススピードです。 もちろん最初に初めて体験して覚えるときはゆっくりでいいのですが、実戦レベルに持っていくためにはスピードと正確さが両方伴っていないと難しいです。 なおかつ、実戦ではディフェンスが入り、どのように対応してくるかはわからないので、ある程度パターンを予測してチームで共有しておく必要があります。 そして予想外のパターンが来ても、柔軟に対応できるようにしましょう。

ピヴォの落とすタイミング

ピヴォの落とすタイミングが早過ぎるとディフェンスに詰められやすいですし、遅すぎると、走りこんできたキッカーが躊躇してしまいます。 これは慣れしかないのでトップスピードで回数をこなす必要があるでしょう。

一人目はファー詰め

動画では少しわかりづらいかも知れませんが、もしシュートがファーにいったときのために、最初に走りこんだ方がすぐに触れるように身体の向きを変えているのがわかると思います。 チームによっては、ファー詰めのほうが確立が上と考えてシュートは必ずファーに打つという決め事を作っているところもあります。 ファー詰めの重要性についてはこちらの記事に書いています。 ファー詰め    
このエントリーをはてなブックマークに追加