フットサル

ヘドンド

ヘドンドとは?

ヘドンドとはポルトガル語で旋回という意味で、俯瞰の視点で見ると飛行機がぐるぐる回っているように選手がポジションチェンジ、ローテーションする様子からこの名前がついています。 基本的にはフィールド上の4人が旋回して相手のマークを外し、ディフェンスを崩す戦術です。

2つの目的

このパス回しが目的ではなく、パス回しをしながらピヴォに当てたりのチャンスを常に狙うことが目的の一つです。 この戦術を取り入れたばっかりのチームは回すことが精一杯になってしまうことがありますので十分に気をつけましょう。

二つ目は、ポジションを入れ替えることでミスマッチを狙えるということです。 ミスマッチというのは、身長差が20cm以上あったり、フィジカルコンタクトの差があったり、スピードの差が歴然といったようなことです。 相性が良い相手の時に仕掛けるということもできます。

ヘドンド 【フットサル講座】

動画でアシウ(名古屋オーシャンズで4連覇成し遂げた監督)が言っているように、単純に回っているだけではヘドンドは機能していません。 チーム全体でどのタイミングで狙うかを共有したうえで、動きに緩急をつけることで初めて機能します。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加