フットサル

マンツーマン

ディフェンスは大きく分けて2つあります。「人」について守るマンツーマンか、自分が担当する「ゾーン」を決めて、そこに入ってきた相手をみるのがゾーンです。

マンツーマンとは

マンツーマンは個人で守る割合が多くなるので個人が1対1が強く体力がある場合はおすすめです。 また、チームの練習があまりできないチームや初心者のチームなんかはゾーンでやるよりマンツーマンでやったほうが守りやすく安全です。 ワンデイの大会ではよくマンツーマンのディフェンスをする傾向が多いです。逆にフットサルの代表だったり、地域リーグにでているチームなんかはゾーンで守っているところが多いです。

フットサルだと、ひとりマークをつくのをサボってしまうとすぐ失点になりかねないので、フィールドに出ている時は責任を持って守りぬくという心構えが必ず必要です。 一番簡単でわかりやすいのは相手の背番号でマークを予め決めておくことです。 レベルが高くなってくるとサインプレーやフェイク、スイッチやブロックでマークが変わったり外れるパターンが増えてくるでしょう。 そういう時は、仲間同士でしっかり声を掛け合ってフォローしあうことが大切です。

メリット

1ディフェンスの役割がはっきりしているので、わかりやすい。 2人に対してつくので、ディフェンスの意識が上がる。

デメリット

1体力の消耗が激しい。 2スペースが生まれやすい。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加