フットサル

初戦とピッチとミーティング

初戦が大事

フットサルのワンデイ大会(一日かけて行われる大会)で最も重要な試合は決勝!ではなく、初戦です。 大会に参加しているチーム数や大会規模などによって変わってくるかもしれないですが、一日で優勝を決める大会の場合、初戦を落とすと優勝することはかなり困難になります。 大抵はAとBの予選リーグがあって、その予選リーグの1位同士が決勝という形が多いです。なので予選の初戦を負けてしまうと優勝が厳しいのがわかります。 また、大会の最初の試合は気が抜けているチームや集中しきれていないチーム、ウォーミングアップをしていないチームが多いです。

ピッチの大きさ

え?と思う方も多いかと思いますが、ピッチの大きさは場所によって数メートルほど違います。その数メートルによって戦い方は大きく変わってきます。 都内やデパートの屋上だと比較的小さいコートが多いです。 縦に短ければお互いカウンターしまくりのハイプレス&シュートの打ち合いになりやすいですし、横に短ければパスを回しづらいのでピヴォ当てなど単純なプレーになりやすいです。

ミーティング

試合前のミーティングは話の要点を絞ってシンプルにすることが一番大事です。 10分も長々としゃべっているとなにが言いたいのかよくわからない上に、時間だけが過ぎていくので無駄です。 終わった頃にはなんか長いことしゃべっていたなということしか覚えてないでしょう笑 そうならないために3つにポイントを絞ってみんなのバラバラなモチベーションを統一しよう。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加