フットサル

メンバーの選び方

よくある不満

大学のサークルや団体などでよく見受けられるのが、参加者の出場時間に対する不満です。 チーム内で突出して上手い選手がいる場合などは全員の了解のもとしょうがない部分もありますが、基本的にはやはりみんな同じ出場時間ででるというのが理想でしょう。 全員が同じ金額を払っているわけですからね。プレー時間を対価とするなら当然の不満でしょう。

全員が平等に試合に出るために

先に交代する順番、出場時間を紙やエクセルなんかで書いて決めておけばいいんです。そうすることで不満はでなくなるでしょう。 チーム内で突出して上手い選手がいる場合も最初に書いてもらうことで不満は出てこないでしょう。 また別の手段として、その分お金を支払うという手段もあります。

絶対に勝ちたい時の選び方

ワンデイの大会ではやはり初戦が一番重要なので、初戦は勝ちたいメンバーで組みたいときもあるでしょう。 そういう時は単純に上手い順で決めるのではなく、攻守の切り替えが早い人、モチベーションが高い人を優先的に選ぶとよいでしょう。 攻守の切り替えのスピードはワンデイの大会では非常に有効です。それだけで差がつくでしょう。 モチベーションが高い人は、勝ちたいという意思があるので、基本的に良く動きます。動きすぎてすぐ交代しちゃうかもしれませんが...笑  しかしモチベーションは先ほどの攻守の切り替えに結果としてつながっていきます。 そういう人たちをメンバーに選べば、いきなり立ち上がりで集中していなくて失点なんていうことはなくなるでしょう。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加