フットサル

筋肉トレーニングの基本

筋肉トレーニングの仕組みと基本


理想的な筋トレ=休息×食事×筋トレ 
筋肉トレーニング初心者の若者によくありがちなことなのですが、筋トレだけして食事に関して全く考えていないパターンが多いです。 また筋トレだけして、睡眠時間は4時間という人もよくいます。これらは筋トレの効果を下げてしまいます。

休息と食事と筋トレ。  この3つにつきます。掛け算なのでどれか一つが0でも筋肉は増加しません。それぞれがバランスよく相互作用してはじめて効果的な筋肉増加につながります。

筋肉増加の流れ、イメージ

筋肉痛はだれでもなったことがあるかと思います。筋トレはその状態に持っていくことから始まります。つまり、筋肉を痛めつけるところから始まります。 筋繊維を破壊します。そして身体が筋繊維を修復する際に、今度は壊れないように!と、前よりも強くなろうとして筋繊維を強めるのが筋肉増加のイメージです。

筋肉トレーニングの仕組み=超回復

一言で言うと、超回復です。人間には素晴らしいことに適応能力があります。いつも同じ距離を走っているとだんだん慣れていき、長い距離をだんだん走れる様になります。 この慣れというのは身体が適応していて、以前より心肺機能が向上していることになります。この適応により能力が以前よりあがっていることを超回復といいます。 超回復に必要な時間は48〜72時間、つまり2日〜3日間必要です。なので何日も連続で筋肉トレーニングをすることは非常に非効率なトレーニング方法です。同じ箇所では週2回から3回ほどが理想的ということです。

   
このエントリーをはてなブックマークに追加